3人の先輩女子がゲストに登場! 移住の体験談を聞く「ミライカレッジながさきカフェ」@福岡が開催

topics07_01

 

長崎県への移住に関心を持つ女性に情報をお届けして、未来を考えてもらうきっかけを作る「長崎×女子 移住プロジェクト」。その第二弾となるイベント「ミライカレッジながさきカフェ」@福岡が、2016年12月20日(火)に博多市中央区今泉の「Bar Sumica」で開催されました。

 

隠れ家風のバーで開催された福岡カフェ。カクテルで乾杯し、女子会のような雰囲気でスタート!

今回の会場は、女性が集まるのにぴったりの隠れ家風のバー。店自慢のカクテルとフードを囲み、女子会のような雰囲気の中、未来に夢を描くイベントは進行しました。
カフェの参加者は、同じ九州エリアでの開催とあって、長崎県に縁があったり、旅をした経験のある女性約20名です。このイベントをきっかけに、生き方や仕事を探したい! 移住についてよく知りたい!と思う前向きな女性たちが集まりました。
主催者からの始まりのあいさつの後は、長崎県・梅ケ枝酒造の美人びわ酒、とろける桃、壱岐の蔵酒造のゆずリキュールを使ったオリジナルカクテルによる乾杯タイム。参加者はグラスを寄せ合い、和やかな雰囲気の中でカフェはスタートしました。
今回お招きしたゲストは、長崎県に移住をして活躍している3人の女性です。どんな理由で移り住み、今どんな暮らしや仕事をしているのか。住む地域のスライド写真を交えながら、お一人ずつ話をしていただきました。

 

Uターンをして家族で移住。五島市で活躍するデザイナーさんから、故郷での起業について学ぶ

一人目は、五島市・福江島出身の有川智子さんです。就職先の大阪から、ご主人とお子さんとともに故郷の五島市に移住をされました。移住後はデザイナーとしてのスキルを活かし、デザイン会社を設立。福江島には椿油やお酒など魅力的な商品が多いことから、その特長を伝えるパッケージづくりに取り組み、好評を得ています。その一方で、毎日通ってほっとできるようなカフェがあればいいのに!という思いを実現し、地域の人が気軽に集まるコミュニティカフェの立ち上げにも参加しています。
都会で得た経験や行動力を故郷で活かし、地域の活性化に貢献する有川さん。そのやりがいのある仕事を紹介していただきました。

topics07_02

 

福岡県から長崎県へ移住。地域に密着した仕事に取り組む、二人の女性の仕事ぶりをご紹介

二人目のゲストは、地域おこし協力隊として、福岡市から松浦市に移住をした中村友香さんです。“地域おこし協力隊”とは、地域外の人材を地域社会の新たな担い手として受け入れる制度で、中村さんは松浦市役所に籍を置きながら、地域の産業の活性化に取り組んでいます。中村さんが移住をしたきっかけは、前職の広告制作プロダクション勤務の際、仕事のために松浦市に何度も足を運んだこと。同市の美しい海や、地域の人たちの温かな人柄にひかれて移住を決めました。そんなご自身の体験から、“移住では、相性がよく縁を感じる地域を探すことが大事”というアドバイスをしてくださいました。

topics07_03

最後のゲストは、波佐見町の福田奈都美さんです。中村さんと同じく、地域おこし協力隊として福岡市から移り住みました。もともと、やきものが好きだったことから、窯業を地場産業とする波佐見町に関心を持ったことが移住のきっかけなのだとか。移住後は、やきもので地元の神社のお守りや絵馬を制作するなど、ものづくりにもチャレンジ。さらに、空き家になったやきもの工場を、移住希望のクリエイターのアトリエなどとして提供する事業にも取り組んでいます。やきものの町に可能性を感じ、より魅力的にしようとさまざまなアイデアを実行する、福田さんの仕事の様子を紹介していただきました。

topics07_04

 

長崎から直送の牡蠣を味わいながら、同じ地元・九州出身の先輩と交流

先輩女子のトークタイムの後は、先輩女子を囲んでの歓談の時間です。この日は、長崎県から直送の新鮮な牡蠣を用意し、それをアツアツに煮込んだ牡蠣のアヒージョと、牡蠣のビール蒸しにしてご提供しました。

topics07_05

先ほどのトークの内容を受け、参加者たちはゲストの周囲に輪になり、さまざまな質問を投げかけていました。移住の準備から移住後の生活、仕事まで、さまざまな質問が飛び出し、歓談タイムは大いに盛り上がりました。
また、最後には、カフェに参加して実際に現地を見てみたくなった!という人に向けて、3月に行われる長崎県への移住体験ツアーの告知が行われました。今回お話を聞いたゲストの女性たちの仕事の現場を訪ねる行程が説明されると、参加者たちからは大きな歓声が上がり、今からさっそく楽しみにしているようでした。

今回登場いただいたゲストの2名は、カフェの開催地と同じ福岡県の出身者だったこともあり、参加者は、自分にも移住という選択肢があるかも!と、親近感を持って話を聞くことができたようです。自分が選んだ場所で、自分らしい仕事を実現している先輩たちの体験談は、生き方やキャリアを見つめ直したいと思う参加者に、夢や勇気を与えているようでした。

ページ上部へ